2008年3月24日現在

〜COAT ROLL 08SS ITEM vol.1〜

この春からのデビューブランド、コートロール。1昨年秋までB.A.Tでも展開していたHAAS(ハーズ)ですが、諸事情によりブランド活動を中止。そのハーズのデザイナー吉海氏が、ハーズの様に時代感を追うブランドではなく、アイビーという確立したジャンルの中で今に通じるディテールや素材感を再構築して提案するブランドとして開始したのがコートロールです。アイテム数は少量ですが、ブランドコンセプトを伝えるのに必要十分なアイテム以外敢えて作らず、ぶれずに長く続ける事を念頭に置いています。最初と言うこともありコートロールのイメージが伝わるよう絞り込んでセレクトしています。

一見シンプルなジャケットですが、このジャケットにはコートロールのコンセプトがぎっしり詰まっているのです。シャンブレーデニムのブレザータイプのジャケットですが、アイビーにありがちな3つボタン段返り・3パッチポケット・フックベントという型を、吉海氏のフィルターを通してモディファイしています。3つボタン段返りはそのままに、パッチポケットではなくフラップポケットにし、ベントもフックベントではなくサイドベンツになっております。シルエットは絞りの少ないボックスに近い物にしていますが、着丈は短めで今の雰囲気です。これはアイビー全盛期に誕生しコレクションブランドとして今に至るまで進化をしながらアメトラ・アイビーの匂いを今に伝えるラルフローレンに対するリスペクトでありオマージュなのでしょう。この素材でパッチポケットにするとカジュアル過ぎてしまいますし、フックベントというアイビー特有のディテールを捨てても、ジャケットを着たままパンツのポケットに手を入れて立った時優雅な後ろ姿を保てるサイドベンツを採用することで、アイビーそのものと言うよりはアイビーの匂いを色濃く反映しながら今の服に仕上げているのです。袖裏に紅白の細いロンドンストライプの裏地を配し、背裏や見返しにはニードルパンチで水玉を入れたブロード地を使用、更に襟裏にはレジメンタル柄のネクタイ生地を当てているなど随所に遊び心とこだわりが見え隠れしています。更に胸ポケットの袋地にネイビーに白の水玉模様のシルク地を当てていて、急なパーティや結婚式の二次会などの際に表に出すと、写真の通りチーフ代わりになります。あくまでベーシック、アイビーやアメトラと言ったジャンルを前面に出し、その中で出来る限りの遊びを加える。使い易さの中に日々愛着が増すアクセントを加えたこのジャケット、幅広く気に入って貰えそうです。

COAT ROLL CHAMBREY DENIM 3B2F JACKET (税込) 50,400

古き良き時代におけるブルックスブラザーズのオーダーメイド仕様のシャツを今のサイズ感で作ったのがこのシャツ。腰のあるしっかりとしたオックスフォードの生地に、水玉を刺繍であしらってプリントのチープ感を取り払った本気素材。当時のオーダーメイド仕様にあった台襟に入れるステッチ1本だけを配色にする仕様と、大き過ぎずかといってアメカジの物ほど小さすぎもしない丁度良い大きさの襟とで首周りの雰囲気は非常に良いです。写真はサイズ1を着用しているので、ややぴっちりし過ぎた感のあるサイズですが、折角アメリカン特有のたっぷりとしたサイズ感ではなく、オーダーしたかの様にタイトなシルエットにしているので、お買上の際はジャストサイズをお勧めします。色は白×グレー以外にグレー×白も用意しております。

POLKA DOTS EMBLOIDERY OXFORD B.D (税込) 22,050

このページを閉じる