2006年10月27日現在

〜HAAS06'A/W ITEM vol.1〜

ウェアの新作紹介第2弾はHAASです。今シーズンから取扱いを始めたので、新作紹介=ブランド紹介になってしまいますが、ブランド紹介ページにも追加していますので今後の展開にご期待下さい。B.A.T取扱いブランドの中でもプレス受け・お客様受け共にトップクラスなのに私は嬉しいのですが何故かバイヤー受けが今ひとつで関東での取扱いが伊○丹とB.A.Tのみという稀に見る偏った評価を受けているHAAS。この後のアイテムもかなりの雑誌露出が予想されますが、伊○丹での取扱いがないアイテムの東日本での問い合わせはB.A.Tになっており、競争率が高くなってしまっているので、気になったら来て見て試着して早い段階での決断が必要だと思います。

06'AWのB.A.Tの提案的なスタイルがこれ。メンズではあまり使われることのないロングブーツと、それを使ったコーディネートです。今回のHAASのコレクションの中にこのクォーターパンツがあったので、新しい切り口として提案してみようと思い、メンズでのロングブーツの提案に踏み切りました。しかし実際に履いてみるとどうです?なかなかに足が長く格好良いと思いませんか?単なるカントリーではなく、ワークとカントリーとミリタリーのディテールをバランス良くミックスし、それにそれぞれ本来使われている素材とは違う物を当て込むと、こんな風にオリジナリティに富みつつもしっくり行く着こなしが楽しめます。

HAAS LOOP WEAVE SWEAT P-JACKET (税込) 34,650
HAAS WOOL/COTTON DENIM DOUBLE KNEE QUATER PANT (税込) 22,050
HERCE LONG HUNTING BOOT (税込) 29,190

これなんと東日本の取扱いはB.A.Tのみです。なのにMEN's BRAND・MONTHLY m・SENSEの3誌で取り上げられるという極端にプレス受けの良いアイテムです。そんな見た目の良さのみでなく生地感も素晴らしいのですが、実は最近また注目され始めている吊り裏毛と言う生地を使用しているのです。今では和歌山県のカットソーを織る工場に数台しか残っていないと言う非常に生産効率の悪い吊り編み機という物を使って織るスウェット生地なのですが、その生産効率の悪さを補って余りある素晴らしい着心地を約束してくれるのです。チャンピオン等が時々謳う鬼裏毛という裏のパイルの糸が非常に太くてパイルも大きい生地がありますが、通常たいへん重くなります。その重さが良いという人もいるのでしょうが、吊り編み機を使うと鬼裏毛のパイルはそのままに嘘!?って言うぐらい軽く編み上げることが出来ます。その代わりパイルが大きいと大きい程編むスピードもゆっくりで、このP-JACKETに使われている物は一着分を織るのに1日掛かるそうです。そういう生地を敢えて織立てるこだわりが、この素晴らしい風合いを生むのでしょう。またシルエットも後ろから見ると更にショート丈でスウィンガー風に、前から見るとショート丈のPにそれぞれ見えるようにしてあり、ナポレオンカラー仕様にアンティーク釦使いとディテールもてんこ盛りです。売り切れ御免の見れば納得の一着です。

HAAS LOOP WEAVE SWEAT P-JACKET (税込) 34,650

このパンツも語り始めるときりがないほどディテールと蘊蓄に満々溢れております。今シーズン取っているパンツの中でとんがり度は間違いなくNo.1でしょう。メンズでロングブーツに対応する提案自体珍しいのですが、ウールとコットンの混紡のデニムを使い、ツイードタッチなデニムというUSAとEUROのワークの融合を実現しています。そしてディテールはひたすらにこれでもかとワークディテールを盛り込んでいて、ダブルニーの5Pパンツをベースにペインターパンツに付いているハンマーフックやハンマーポケットを左右両脇・ヒップポケット間に配置し、更に裾には厚手のリブを配するという徹底振り。それなのにシルエットはスッキリ綺麗目という憎らしいまでに絶妙のバランスで、何か試着してみたら俺って格好良いかも!?といういけない自惚れが芽生えてしまうかも。兎に角今年の提案であるブーツスタイルには一番はまるアイテムなので履いてみることをお勧めします。

HAAS WOOL/COTTON DENIM DOUBLE KNEE QUATER PANT (税込) 22,050

ベタベタなパーカという形にこんな素材とテキスタイルの載せ方をすると、こんなにも新鮮な物なんだなぁと感心させられます。このアイテムの名前を書くに当たって素材にWAFFLEと書きましたが、一般的なワッフルとは別の次元で作られた不思議なワッフルです。多分この生地はワッフルと言われる物ではなく、ガーゼ接結メッシュとかそういう表現が正しいと思われます。接結なので身体に触れる面はガーゼタッチの薄い天竺になっていて表側がワッフルっぽく穴の開いたメッシュになっています。このメッシュが少々変わっていて例えて言うならビンゴシートのように穴の部分を開けると穴の部分にあった紙が立っている様に、丸い穴の縁にその穴の部分にあったかの様に出っ張りが出ていてざらっとしたさわりが特徴になっています。こんな凝った素材に敢えて素朴にステンシルで葉っぱ柄を迷彩になるようにプリントした生地を作り、素材の凝り方を最大限活かすようにシンプルなパーカにしたのでしょう。洗い込んでいったときの風合いもステンシルだけに良い感じに掠れてきてくれて長く着られそうです。早い時期から使えて春も十分使えるのでパーカを考えている人は一度着てみて下さい。

HAAS WAFFLE CAMO STENCIL PARKA (税込) 19,950

06'秋冬の注目素材であるレザー。05'AWシーズンからその兆候はあったのですが、大人アイテムとしてA-2やB-3等のミリタリーレザーではなく柔らかく上品なレザーを使ったジャケットやブルゾン・シャツが今シーズンのトレンドになっています。B.A.Tで取り扱っている他のブランドでもレザーの提案はされていましたが、ことレザーシャツに関してはこのウェスタンシャツが際立っていました。大体全てに言えることなのですがHAASのアイテムの様にこれだけ生地やディテールに凝るともう一段上の価格帯になってしまう物なのですが、そのプロダクトに対するコストパフォーマンスが目に見えて高いのがHAASの特徴であり、このシャツはその典型で他社の同様のアイテムに比べて明らかにお得感があります。柄が入っている部分は一度レザーに型押しして、その凸の部分にのみヤスリをかけ表革を削って色の差を出している手の込み様。そして裏にも身体に直接触れる部分には裏地を配して見た目のみならず着心地も両立しています。日常ジーンズで合わせるのには言うに及ばす、ウールのスラックスや綺麗目なカーゴと合わせても雰囲気出て良いんじゃないでしょうか。

HAAS SHEEP SKIN EMBOS WESTERN SHIRT (税込) 82,950

このページを閉じる