2006年3月30日現在

〜MAISON BRAQUE/BLUE BRAQUE Exclusive Suit〜

展示会と発注に追われて長々と更新出来ずにいて申し訳ありませんでした<(_ _)>
丁度着られる季節になってきたこともあるし、今回はMAISON BRAQUE/BLUE BRAQUEの春夏アイテムを紹介します。

今シーズン特にB.A.T別注の多いBRAQUEの中でも、他の追随を許さない一押しアイテムがこれ。BLUE BRAQUEのジャケットとMAISON BRAQUEのパンツを組み合わせ、5POCKET PANT用に用意されていた生地を乗せたブラックスーツです。今回このスーツに使用したざっくりとした織りCOTTON50%/LINEN50%の生地が非常に良い風合いだったのですが、もう2色の今回5Pパンツで使用している生地も甲乙付けがたい。そちらもCOTTON50%/LINEN50%で組成は同じなのですが更に顔料で雰囲気を出した松下オリジナルで織立てたもので、折角BRAQUEで5Pパンツを作るのならそっちかなと。でもこのブラックの生地も捨てがたい上にパンツで10本とる分しかないデッドストック生地。なんとかこれ使えないかと考えて、BRAQUEのBLACK SUITというふざけた駄洒落を真面目に作ってしまおうかと思い立ったわけです。

で、BLACK SUITはやはりかなり大人な雰囲気になるのだから素直にBLUE BRAQUEの細身のベーシックなパンツを組み合わせれば良いのですが、このざっくりとした生地にはビタビタのベーシックパンツを組み合わせるより、MAISON BRAQUEのストレートの膝を3cmだけ削ってブーツカットにしたタイプの方が単品で使うことを考えると楽しいかなと。でもそこにMAISON BRAQUEの3パッチポケットのジャケットだとせっかくの黒が少々甘くなってしまうので、やはりジャケットは切りポケットから色気のある裏地が覗くシャープなBLUE BRAQUEの物が。そんな事やっちゃっても良いかなぁと恐る恐るお伺いを立てたところ生地使いきりでいっちゃいましょうと快く引き受けてくれちゃいました。かくしてここに4着のみの(取りきりで4着分しか生地がなかったので)MAISONとBLUEの垣根を越えたBRAQUEのBLACK SUITが完成したのです。ちなみにこの際だからとMAISON BRAQUEでレディスに使われていたこのシャツ地でシャツを別注していたので、ジャケットの裏地を同じ雰囲気にしてくれないかとお願いしたところ、同じ色味のシルクを使って裏地にしていただいたので、シャツと合わせるとシャツの色と裏地の色が揃います。そんな遊びも楽しいと思いますよ。

MAISON/BLUE BRAQUE BLACK SUIT(Style/Fablic only at B.A.T) (税込) 84,000
MAISON BRAQUE SQUERE CUT REGULAR SHIRT(Change Fablic only at B.A.T) (税込) 23,100
MAISON BRAQUE HAND MADE SLIP ON SUNDALE (税込) 50,400
PONTI ROSSI HAND PLAITED LINEN MESH BELT (税込) 12,600

このページを閉じる