2006年5月16日現在

〜MAISON BRAQUE EXCLUSIVE ITEM vol.1〜

紹介したい衝動を抑えて今の今まで引っ張って待ったMAISON BRAQUEの06'SS別注アイテムの紹介です。この春夏はLINENを使った長袖のアイテムを半袖やタンクの上に着て大人な着こなしを楽しんで貰おうと、敢えて早い時期の紹介を避け、丁度着られるこの時期に紹介します。“大人は夏もジャケットを羽織る”スタイルを提案します。

夏と言えば麻、麻と言えば夏と言っても良いほど麻は夏の素材です。勿論秋冬でも打ち込みをきつくした生地の質感を楽しむことはできますが、やはり夏を快適に過ごす素材としての麻は欠かせない物でしょう。で、05'AWで使用されたスマイルボタンを思い出していただきたいのです。あれはアンティークボタンの中でも特にお客様の評判が良く、自分でもこれは是非他のアイテムにも使ってみたいと思わされる付属でしたので、秋冬の段階で残っていたスマイルボタンをB.A.T用に押さえておいて貰い、それに合う生地とデザインを当て込んで何か別注しようと密かに目論んでいたのでした。そこに出てきたのがこのピンストライプのネイビーリネンです。アンティークの生地で元々松下氏は5Pパンツ用に考えていたのですが、私の構想にぴったりの生地だったのでジャケットに乗せ換えつつ生地を全て使い切ることにして、これにあの金のスマイルボタンを乗せたのでした。そもそも松下氏は金ボタンを使うならネイビーかベージュ(要はブレザーの組合せね)以外は邪道だと思っている節があり、他の色を乗せることを提案してもいまいち乗ってきてはくれなさそうだったのでこの生地だったらOKが出るだろうと思ってお願いしたらばっちりでした。どうです?この仕上がりは!ボタンの数が多いサファリジャケットだけにこのスマイルボタンが映えること!何せそういう訳で今期このボタンを使っているのはB.A.Tのみですから。実に価値のある一着に仕上がっていると思いますよ?

MAISON BRAQUE LINEN SAFARI JACKET (税込) 63,000
MAISON BRAQUE COTTON KNIT MESH POLO SHIRT (税込) 12,600

リネンのジャケットに対してこちらは綿です。しかしこの綿、そんじょそこらの綿じゃないのです。ダブルフェイスに織ってあり、表から見るとストライプ、裏から見るとチェックになっているのですが、番手の高い糸を使って織っているため、生地の厚さはシャツ地程度です。しかし打ち込みがきついので生地にこしがありただ者ではない風格を漂わせています。なんと、これかのエル○スのデッドストックだそうなんです!え〜と、エル○スでジャケットなんて買ってしまったら20万コースじゃないですか!!!しかもこのジャケットに使われているボタンはWW・後使用されていたフランス軍のアンティークだそうです。それを生地に合わせてラッカーで白く塗った物を合わせています。そしてそして、この色のこの生地は何と6着分しか生地が残っていないと言うことなので即決で押さえてしまいましたのでこれまたONLY AT B.A.Tな物になってしまったんです。麻のネイビーと綿のライトグレー、どちらを取ってもボタンに至るまで吟味し尽くされた物なので是非Tシャツやタンクトップの上にさらりと羽織って大人の嗜みにして欲しいものです。

MAISON BRAQUE COTTON SAFARINJACKET (税込) 63,000
MAISON BRAQUE COTTON KNIT MESH POLO SHIRT (税込) 12,600

このページを閉じる