2006年12月14日現在

〜MON TSUKI 07AW ITEM vol.2〜

流石に12月ともなれば暖冬とは言え冬の寒さになってくるモノ。間物ではなくちゃんと冬物を紹介できる季節になりました。そんな季節を楽しむようなMON TSUKIの冬の装いをご覧下さい。

前回MON TSUKIのコーディネートで提案したショートトレンチと同じ素材を身頃に使ったスインガーズブルゾンです。こちらはライナーが取り外しにはなっていないので、確実に冬仕様です。バーバリークロスの説明は全快しているので置いておいて、トレンチと違いニットとの組合せが今回の売りです。シェトランドウールを使いケーブル編みしたニットを袖と胸の切替にあしらい、元々バラクーダのG9等で英国を代表するブルゾンとして有名なスインガーズをよりUK臭く、そして格好良い物に仕上げています。スインガーズでもありはたまたシェトランドのケーブル編みニットの上にベストを着ているようでもありどう取ってもヘヴィになりすぎない英国調です。MON TSUKIの今シーズンのアウターの中では比較的手が出やすい物な上によりデイリーな活用が出来そうなので一度袖を通してみて下さい。

MON TSUKI Melange Burberry & Shetland Knit Swingers (税込) 68,250

コンテンポラリーを地でいくグレンチェックジャケット。コンポラ風を演出するためにシングルジャケットながら敢えてピークドラペルをあしらい、洗いの入った梳毛のグレンチェックウールという失敗すると野暮ったくなってしまう素材を洗練された物に昇華しています。そしてなんと言ってもこのジャケットはファーを付けたときのゴージャス感が堪りません。ジャケット本体とカラーを合わせたグレーのファーが落ち着いた中にも冬ならではの暖かな雰囲気を出していて、着ていると何か嬉しくなって思わずニンマリしてしまうような幸せな気持ちにしてくれます。裏地もMON TSUKIならではの凝り方で背裏と見返しは鮮やかな朱色、袖裏はピンクとベージュのストライプになっています。前を開けた時ちらりと見せる赤も良し、手を洗うときなどに本開きの袖のボタンを開けてピンクのストライプを見せるも良し、落ち着いた素材を使っていても着ている人が着ることを楽しむことが出来る服作りがMON TSUKIの真骨頂なのでしょう。ファー付のためコートと同じ価格になっていますが、それでもこのジャケットは十分にその価値があると思います。着れば納得の逸品です。

MON TSUKI Washed Wool Grencheck 2B Single Peaked Lapel JK with Fur (税込) 97,650

このページを閉じる