2007年5月14日現在

〜MON TSUKI 07'SS ITEM vol.1〜

MON TSUKIの春夏のテーマは「砂漠」。その中でも今回紹介するアイテムは砂漠なイメージを色濃く表現していると思います。

MON TSUKIのミッドナイトライン(勿論日中の着用も可)であるオウルのジャケットです。10年ぐらい砂漠を放浪したらこうなるというイメージで、最近雑誌媒体がトロとか呼んで(マグロじゃないんだからさぁ・・)推したせいで妙にその辺中で使われてトレンド素材となってしまった感のあるトロピカルウールを加工してしまいました。いや一口に加工と言っても見ての通りでこれがとんでもないんです。元々は色が薄い部分が生地の色で、それを手で縫い糸の周囲や使われて擦れることが多く色が変わり易い部分に染料をつけていくことでこんな風に色褪せたのかの様な表情を出しているんです。当然一着一着手で色を乗せて行くわけですから非常に手間が掛かります。加工技術が発達しているデニムを中心とした綿素材と違い何と言ってもウールですし、しかもその中でも夏素材として使われるトロピカルですから加工が試行錯誤の上だったことは間違いありません。言うまでもなく受注生産のみですし、確実にこの値段でもギリギリの利益率だろうと思われます。大人は夏でもジャケットを羽織る、と言うのであればこんなジャケットはいかがでしょう。見ての通りの渋みの効いたイメージになります。

OWL TROPICAL WOOL BUTTLE DRESS UNIFORM (税込) 78,750

ジーンズやカーゴ以外でパンツと言ったらチノパンですが、このチノパンというのがくせ者でどういう訳だかなかなか格好良いのがない。ミリタリーヴィンテージのレプリカ物は多々あれど、デニムと違い現代風にアレンジされた物が無く、ミリタリーならまだ良いけれどトラッドなスラックス型のチノパンともなれば寸胴でタックまで入ってたりしてノーサンキューなのが現状でしょう。さて。そこでと言う訳ではありませんが、このチノです。まず生地はシャンブレー織り(縦糸と横糸で色を変えている織り方です)のチノクロスで角度を変えると微妙に裏側の横糸の色が見え隠れする表情豊かな物です。ちなみに写真のベージュを裏から見るとチャコールグレーになります。

そんな生地をわざわざ織立てて、そしてモンツキで定評のある細身のスラックスシルエットのパンツに乗せ、更にポケット口にスタッズを打ちダメージ加工を施した非常に凝った仕様のチノパンです。ダメージやスタッズがそのままだと只々綺麗なパンツで終わってしまうところを一気に魅力的にしています。かなり格好良いですが、試着したらまず間違いなく買ってしまうパンツですので早めにチェックしておいた方が良いと思います。

MON TSUKI CHANBRAY CHINO PANT (税込) 24,150

このページを閉じる