2008年3月21日現在

〜MON TSUKI 08SS ITEM vol.1〜

ここの所数シーズンのモンツキは、ハイエンドな本気アイテムのみで構成されていた初期の頃に対し、毎シーズンのコレクション性やコラボレートなどのブランドの根幹に関わる部分はそのままに、縫製仕様や生地などのクオリティは維持しながらディテールの簡略化やアイテムのチョイスにより、値頃感のある物の比重を増やしています。今回のコレクションも皆様の買い易い(=お勧めし易い)アイテムをセレクトしました。

モンツキの今シーズンのテーマは「クラッシックモーターサイクル」。で、このロングトレンチ。実際写真で見ていただくとお判りの通り、かなりのロング丈です。個人的なイメージとしてはYAMAHAのV-MAXの様な大排気量でレーシングタイプではないバイクに乗って裾をはためかせながら走るイメージです。今時ならビッグスクーターなんかも格好良いでしょうね。かなりシャリ感のある麻で出来ていますので、季節が進んでも着用に問題がない上に、自分でバイクをメンテナンスする時の為か(イヤでもトレンチ着たまんま作業する状況って・・・)袖はロールアップ出来るようになっております。色はベージュとカーキベージュの2色でどちらも合わせ易い色目です。

かなり細身なので、スーツの上に着ることが出来るのはそれが可能なぐらい細い方でしょうが、普通にジーンズにロンTとかの上に羽織って着回す方が様になると思われます。この素材でこれだけの仕様でこのお値段ですから、ここの所の短丈ジャケット流行りに飽きてロングを考えている方にお勧めです。 

MON TSUKI LINEN LONG TRENCH COAT (税込) 49,350

ブログで先行紹介しておいたのですが、モンツキのもう一つの顔であるシューズラインからワッキーレース(=邦題:チキチキマシン猛レース)とコラボしたベーシックなハイカットスニーカーをセレクトしました。正直B.A.Tで取り扱うエトスクラブ等に対し、デザイン先行でコレクションブランドという付加価値をプライスに乗せているモンツキのシューズラインは割高感があって敢えて手を出さずに来たのですが、このスニーカーは有りかなと。ベーシックなレースアップもできますが、写真でお判りのようにジッパーで開閉できるパーツを装着すると、脱ぎ履きが楽な上に表情も一味違った物に。総柄でケンケンがプリントされており、白無地のまんまだと汚れが気になりますが、このぐらい柄が入ると多少汚しても味のうち、使い込んで色が付いてきても良い味出たなぁ、と言う感じで履き回せそうです。しかも完全メイドインジャパンなところも評価できます。26~27.5cmまで取ってはいますが足数は少量なので気になったらお早めに。

MON TSUKI×WACKY RACES CORABOLATE HIGH CUT SNEAKER (税込) 24,150

このページを閉じる